不動産投資は一棟を購入して安定した収益を出そう|投資で大成功

管理業務を委託

PCを操作する人

不動産投資を行なう場合、入居者管理や建物管理を行なう必要があります。賃貸管理業者に依頼すれば、入居者管理や建物管理を委託することができます。トラブルを起こさないためにも、契約するときは慎重に行なったほうが良いです。

More Detail

委託管理との違い

作業員の男女

サブリースと委託管理は、似ているサービスですが、内容は大きく異なるので注意したほうが良いです。サブリースは、不動産会社に一括借り上げしてもらうというサービスで、安定した経営がしやすくなります。

More Detail

家賃の設定

電卓と硬貨

アパート経営やマンション投資で重要になるのが、家賃の設置です。家賃相場を知っておけば、家賃設定はしやすくなります。インターネットを使えば、手軽に家賃相場を知ることができます。

More Detail

区分マンションとの比較

建物

不動産投資を行なうときに悩むのが、区分マンションを購入するか、一棟を購入するかということです。それぞれメリットが異なるので、理解しておいたほうが良いです。区分マンションを購入するメリットは、一棟よりも少ない投資額で始めることができるということです。また、売却するときも区分マンションのほうが流動性が高いので、買い手が見つかりやすいです。しかし、部屋の数が少なくなると、収入も大きく下がってしまいます。一棟購入して不動産投資を始めるメリットは、安定して収益を出せるということです。部屋数が多いので、何部屋か空室が出た場合でもリスクは少なく、安定して収益を得ることができます。また、修繕がしやすいというメリットもあります。区分マンションの場合は、自分の意志で共有部分を修繕するということはできませんが、一棟なら大規模な修繕や建て替えも可能です。ただ、区分マンションよりも投資額が大きくなるので、融資が受けづらいという点もあります。このように、区分マンションと一棟では大きくメリットが異なります。

不動産投資は、初心者でも始めやすい投資として人気が高いですが、しっかりリスクヘッジを行なっておかないと失敗する可能性もあります。長期的に安定して経営を続けるためには、空室リスクが低い物件を選んだり、家賃滞納リスクを考えて運用したりする必要があります。リスクヘッジを上手に行なえば、空室率が低下するので、安定して家賃収入を得やすくなります。

Copyright © 2016 不動産投資は一棟を購入して安定した収益を出そう|投資で大成功 All Rights Reserved.