不動産投資は一棟を購入して安定した収益を出そう|投資で大成功

委託管理との違い

作業員の男女

サブリースと委託管理は、オーナーと不動産会社がパートナーになるサービスですが、それぞれ内容は異なるので違いを知っておいたほうが良いです。サブリースとは、オーナーが所有している物件を、不動産会社が一括借り上げをして入居者に転貸するというものです。不動産会社が一括借り上げをしてくれるので、空室リスクの心配がありません。その分不動産会社のリスクは高くなるので、管理委託よりも管理料は高くなります。管理委託というのは、不動産会社がオーナーの代わりに、賃料集金の代行や清掃をするというものです。入居者トラブルや家賃滞納などがあると、オーナーの対応は負担がかかってしまいます。プロに依頼すれば、自身の負担を減らして上手に対応してもらうことができるのです。ただ、サブリースとは違って、不動産会社が借り上げるわけではないので空室リスクの対策は自分で行なう必要があります。

サブリースを利用するメリットは、安定して経営を行なえるということです。空室リスクの心配から解放されますし、収入が安定するので、収支計画が立てやすくなります。手間を減らせるのも、サブリースの良いところです。不動産会社は、入居者都の交渉に慣れているので、しっかりと対応してくれます。素人が対応してしまうと、場合によっては入居者が減る原因にもなります。管理業務が多くて困っている場合に、サブリースはとても活用できます。メリットが多いサブリースですが、不動産会社に管理料を支払うことになるので、自分で直接賃貸するよりも収入は減少してしまいます。ですから、多くの収入を得たいという方は注意したほうが良いです。

Copyright © 2016 不動産投資は一棟を購入して安定した収益を出そう|投資で大成功 All Rights Reserved.